Skip Navigation

SH FAR-INFRARED HEATING WIRE

SH遠赤外線熱線の紹介

Technology > 紹介

RadianceのSH遠赤外線テクノロジーをご紹介します。
数年間の研究を通じて新素材合金熱線(Special Nano Alloy Heat Wire)を開発、
これに幾何学的原理をつなぎ合わせ、画期的な発熱技術を考案しました。
SH遠赤外線テクノロジーは世界特許を保有している先端発熱技術です。
世界初の特許登録

最先端発熱技術

優れた

エネルギー節約効果

太陽光発電の電気使用

3ZERO暖房

優れた

耐久性と適用性

01 最先端発熱技術

世界初の特許登録

光で暖房する、SH遠赤外線輻射熱の暖房原理
01SH遠赤外線の熱線に電源を入れるとエネルギーを光(遠赤外線)に転換し、放出します。
02放出された光が長い飛距離で飛んでいき、空間全体がに光速で広がります。
03飛んでいった光が物質内部へ浸透し、共振と共鳴を起こすことで熱エネルギーが発生します。
02 優れたエネルギー節約効果
輻射熱暖房は、対流や送風を通じて熱を伝達するのではなく、
太陽が地球を加熱する原理のように熱を直接移動させる方式の暖房である。 エネルギーを30~50%減らすことができ、騒音と臭い、誇りができないというメリットがある。
*出典:毎日経済用語辞典、「輻射熱暖房」
国家研究機関の実験結果:電気の熱風機対比33.1%のエネルギー節減を確認
(韓国慶尚南道 農業技術院)
巨大空間の暖房時は既存の電気熱線や他の暖房方式に比べ、エネルギーの50%以上の節減も可能である。
03 環境のための技術

3ZERO暖房

太陽光発電電気「低電圧(1~24V、DC電気)」を直接的に使うことで超高速、超高温、超高効率の暖房が可能です。
追加エネルギーZERO、公害・誇りの排出ZERO、炭素排出ZEROという3ZEROエコ暖房技術です。
04 優れた耐久性と適用性
使用寿命が半永久的で、適用性と施工性が卓しており、水の中や湿気のある環境でも使用可能。
既存の暖房技術との確実な違い

3ZERO暖房

既存の暖房方式は対流熱、傳導熱の原理を利用したもので暖房の効率が低く、エネルギー消耗も高いです。
既存の暖房用遠赤外線技術もやはり低い飛距離と浸透率で傳導熱暖房方式の範囲から脱するものではありません。
SH遠赤外線テクノロジーは、傳導熱、対流熱の暖房方式を超える次世代技術として真の光の暖房、輻射熱暖房を具現しました。

詳しく見る +